「パーツ紹介①」"夏だ!親子で電子工作やっちゃおう"

皆さんこんにちは、電子工作で使うパーツのご紹介です。(1回目)

 今回のパーツは何と言ってもマイコンの”Arduino本体”です。1個3000円を超える商品ですが、回路図も公開されてて全世界で互換機が発売されています。オープンなハードウェアです。その互換機を1台用意しました。これだけでも手に入れるのに消費税や送料がかかりますよね。

 そして、動画にも登場の”ブレッドボード”です。この穴にジャンパーコードやLEDを差して動作確認が出来ます。そして外す事で再利用できるものです。

f:id:aminfojp2000:20160614115414j:plain

 そして、基本であります、”LED(赤色)”をなんと6個。6個あるという事は、電子サイコロが作れるかも・・・。

 そして、これっ。”タクトスイッチ”です。これは2個あります。ON用とOFF用に用意されています。

f:id:aminfojp2000:20160614115238j:plain

これら組み合わせて配線したものがこっち。

f:id:aminfojp2000:20160614115739j:plain

こんな感じに配線して使っていくんですよ。このときLEDをオンオフさせることが出来る、最初の動かすのはここから始まります。

 当日使うパーツはまだまだ他にも、そしてお宝が眠っています。夏休みの自由研究にこれが出来れば、学校でも大流行かも!